by

不動産売却の必要書類について

不動産売却の手続きではたくさんの書類が必要です。必要書類の多くは、売買を仲介する不動産会社側で作成されますが、中には契約の当事者自身で用意しなければならないものもあります。

まず、登記に関連する書類として、法務局から登記事項証明書(登記簿謄本)と公図の2つの書類を取得し、購入時に発行を受けた登記識別情報(登記済証)を用意します。登記事項証明書は権利関係の確認だけでなく、不動産売却完了後の納税手続きにおいて特例の適用要件を満たしているかどうかの確認にも利用される重要な書類であり、登記識別情報は所有権の登記をしたのが所有者本人であることを証明する重要書類です。特に、登記識別情報は再発行ができないので、売却するときまで絶対になくさないようにしましょう。

また、購入時に不動産会社から売却するときまで保管するよう言われた書類が、なくならずに保管されているかどうかの確認も必要です。例えば、不動産取得時に交付を受けた重要事項説明書や売買契約書、物件のパンフレットなどは売却時の契約内容を決めるために重要な書類であり、固定資産税の納税通知書は取引成立後に税の精算を行う際の参考になります。そして、売却する不動産が独立した建物であれば建築確認済証や検査済証などの施工業者から交付された書類を、マンションであれば管理規約や使用細則などといった管理組合から手渡されたものをすべて用意しなければなりません。

不動産売却時の必要書類にはこの他にも、本人確認書類、印鑑証明書、住民票、戸籍の附票、抵当権抹消登記に関する書類、耐震診断報告書など、たくさん挙げられます。用意すべき必要書類の量はケースに応じて異なるので、不動産会社からアドバイスを得ながら書類の準備をしていきましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.